祝・ベルギーフィリップ国王夫妻 日本・ベルギー友好150周年を期に来日(10月10日~15日)


江戸時代末の1866年に日本とベルギーが修好通商条約を結んでから、今年で150年を迎える。このブログでも取り上げてきたように、両国では年間を通じてさまざまな文化イベントが行われているが、知名度・盛り上がりとも残念な状況が続いていた。ベルギー国王夫妻訪日で一気に盛り上がるだろう。

2016年 150周年事象とイベント(3)日本・ベルギー友好150周年

今年5月に添付記事をアップした時点では、ベルギー国王夫妻の訪日については知らず、、「両国は1866年8月1日、外交関係樹立(日本・ベルギー修好通商航海条約)。外務省によるプロモーションに加え、以下が国内外主要イベント。私が調べ足りてないのかもしれないが、昨年からのテロ騒ぎが影響しているのか、「日伊国交樹立150周年関連イベント」に比較して寂しさは否めない。私の好きなピーター・ブリューゲル展ぐらいあってもいいのに。」と書いた。

5月18日、六本木ヒルズで開催された「「ブリュッセル・フラワーカーペット」東京初開催」に行ってみたが、綺麗ではあったがニュースで多く取り上げることもなく、ヒルズにたまたま来た方が見ているといった様子で残念に思っていた(ブリュッセル・フラワーカーペット」日本・ベルギー友好150周年関連イベント)。本日夕方のテレビ番組でもさすがにメニューに入れているようで、多くの日本人の方が知ることになるだろう。

ベルギーのフィリップ国王夫妻は日本に滞在中、10日(月)、羽田に到着し、既に文京区根津神社を訪問済み。11日(火)、天皇皇后両陛下が催される宮中晩さん会に招かれるなど、皇室との交流行事に参加するほか、安倍総理大臣が主催する夕食会にも出席するということだ。フィリップ国王は、3年前に先代にあたる父親のアルベール2世が高齢や健康状態を理由に79歳で退位したことから、王位を継承することになり、国民から広く受け入れられた(NHKニュース)。

12日(火)には天皇、皇后両陛下がフィリップ国王夫妻を案内するため茨城県結城市を訪問結城市民情報センターで、伝統の太太(だいだい)神楽や結城つむぎの実演を鑑賞する。13日(水)には名古屋訪問の他大阪訪問(期日?)までは報道されている(私がチェックした限り)。

 

花を贈るなら日比谷花壇

2016年 150周年事象とイベント」を作ったきっかけ

日伊国交樹立150周年を知り、調べてみると多くの150周年が見つかったためだった。その中に、日本・ベルギー友好150周年もあった。さらに意識するようになったのは、150周年をたどることは、明治維新(1868年)前後の事象をたどることに他ならないからだ。

10月7日には、菅義偉官房長官が2018年に明治維新から150年を迎えるにあたり、政府による記念事業を検討する考えを明らかにした。繰り返すが、このブログ内では既に、「2017年 150周年事象とイベント」もスタートし、「2018年の明治維新150周年」前後に向けて150年前の動きを辿り始めている。

ブログ内幕末関連と150周年関連

ブログ内幕末関連

2016年の150周年事象とイベント

2016年 150周年事象とイベント(1)全リスト
2016年 150周年事象とイベント(2)日伊国交樹立150周年
2016年 150周年事象とイベント(3)日本・ベルギー友好150周年
2016年 150周年事象とイベント(4)ビアトリクス・ポター生誕150周年
2016年 150周年事象とイベント(5)その他の150周年 (黒田清輝生誕、薩長同盟、孫文生誕、ネスレ創業、ジャックダニエル蒸留所創業、定山渓温泉開湯150周年)
簡保生命保険100周年伊藤若冲生誕300周年尾形光琳没後300周年徳川家康没後400周年、有田焼400周年シェイクスピア没後400周年、西川産業創業450周年

2017年の150周年事象とイベント

大政奉還パリ万博カナダ建国横浜馬車道など年末に随時アップデートする。